子どもの頃から英会話を学ぶメリット

2020年から、新学習指導要領にもとづいて小学校で英語教育が実施されています。

子どもの習い事の中でも人気なのが「英語・英会話教室」です。
今後のグローバル化する社会の中で、子どもが大人になった時を考えると、漠然と小さい頃から習わせておいた方が良いだろうと考えている保護者の方も多いと思います。

ここでは改めて英語を子どもの頃から学ぶメリットについてご紹介します。

英語脳や英語耳が作りやすい

「英語脳」や「英語耳」という言葉を聞いてことはありますでしょうか?
英語脳とは、簡単に言うと英語を聞いたときに日本語として訳さず「そのまま英語として理解する能力」と言われています。英語耳は、「英語特有の発音やリズムを聞き取ることができる能力」になります。この英語脳や英語耳は、10歳前後(小学校高学年)までに育てることが有効的と言われいます。たしかに小さい頃から触れていれば身体に馴染みやすいですよね。
小学生までに英語に触れることで、英語脳や英語耳を作りやすいという点メリットがありますね。

学校の授業についていきやすくなる

冒頭でもご紹介しましたが、2020年の教育改革によって英語が必修化されています。
2021年現在では、小学3年生から「外国語活動」が始まることと、小学5年生から英語が必修化されることになっています。文部科学省によると、5年生から始まる英語の授業は「教科型」学習に当たります。つまり他の教科と同じように、中学校へつながるための本格的な授業となります。小学校高学年(5、6年生)は年間70コマの学習と定められています。

慣れ親しんでいない英語がいきなり授業で本格的に始まってしますと、子どもによっては苦手意識が生まれる可能性もあります。もちろん小学3年生で外国語活動が始まりますが、その前に少しでも英語に触れておくことでスムーズに学校の授業に入っていけますし、さらに英語の理解が深まり、英語を知ること好きになるかもしれませんね。

異文化・多様性への理解が深まる

小さい頃から、母国語以外を学ぶことは異文化への理解を促進するきっかけになります。
英語を勉強する中で、外国の文化や考え方を知ることにもなるので、日本との違いも意識できるようになりますね。子どもにとって違いを知ることはとても重要です。もちろん保護者者のサポートや理解も必要になります。
また日本人の先生以外にも、ネイティブの先生に学ぶ機会があれば尚良いですね。

4技能(話す、聞く、書く、読む)の能力が伸びる

英語を学ぶということは過程で、4技能をフル活用することなります。4技能とは、「話す」「聞く」「書き」「読む」を指します。小さい頃から英語を学ぶことで、日本語以外でも4技能を活用して、総合的に能力を伸ばすことができますね。

将来の可能性(職業の選択)を広げられる

今の子ども達が大人になる今後は、ますます日本以外の方と仕事やコミュニケーションを取ることが増える可能性があります。英語が話せなくても翻訳サービスが発展し意思疎通できるようになるかもしれませんが、自分の言葉やニュアンスで想いを伝えることが出来るのであればそれが一番ですよね。
もちろん、大人になってから英語も学ぶことも出来ますが、子どもの頃から準備しておくことで仕事面での職業を選択するときや自分の可能性をもっと伸ばすことが出来ますね。プライベートでも世界に友達が増えればもっと充実しますし、可能性は広がります。

スクルーでは様々な英語・英会話教室を紹介しています、ぜひ一度探してみてください!

地図から子供向けの習い事、アクティビティを探す | スクルー
自宅などの指定した住所を中心に地図上で習い事やアクティビティを検索できます。スポーツ、音楽、プログラミング、アート、武道など。いろいろ体験して、子供が夢中になれることを見つけましょう。
トップへ戻る