ロボット作りを通してやり遂げる力を養う!ヒューマンアカデミーロボット教室

スポンサーリンク
ヒューマンアカデミーロボット教室は、「自分で考え自分で成し遂げる力」を育む教室です。
スポンサーリンク

STEM(ステム)教育とは?

近年、STEM(ステム)教育という言葉を良く耳にしますね。

STEMとは、

S:Science(科学)
T:Technology(技術)
E:Engineering(工学)
M:Mathematics(数学)

それぞれの頭文字を取った言葉で、科学・技術・工学・数学の教育分野を総称した言葉です。STEM教育はこれら4つの学問の教育に力を注ぎ、IT社会とグローバル社会に適応した国際競争力を持った人材を多く生み出そうとする、21世紀型の教育システムです。
STEM教育先進国のアメリカはもちろん、シンガポールやヨーロッパなど、各国がこぞって力を入れています。

日本にも多くのSTEM系習い事教室がありますが、今回はヒューマンアカデミーロボット教室をご紹介いたします。

ヒューマンアカデミーロボット教室は全国に1,400教室以上!

ヒューマンアカデミーロボットは全国1,400教室、在籍数22,000名以上(2019年5月現在)という、日本最大級のロボット教室です。
お子さまの力を伸ばす習い事として多くのご家庭に選ばれています。

こども達の純粋な好奇心を入り口としたロボット製作を通じ「自分で考え自分で成し遂げる力」を育む教室です。

ヒューマンアカデミーロボット教室で育むチカラ

ブロックを使ったロボット教室が
大切にしているのは、子ども自身が「考える」「生み出す」ためのチカラを育む基礎能力です。

夢中になって遊びながら、自ら体感できたことこそが本物の力になります。

初級コースでは「かたち」「動きのしくみ作り」を学び、プログラミングの基礎を身につけます。そして上級コースでタブレットを使ったプログラミングを学びます。

ヒューマンアカデミーロボット教室CM~高橋先生編~30秒

① 創造力
イメージをかたちにし、工夫を繰り返しながらクリエイティブを生み出す完成を育みます。

② 集中力
楽しいこと、好きなことに時間を忘れて没頭し、長時間集中する力を高めます。

③ 観察力
ロボットの構造や動きを観察しながら、科学的なものの見方を養い、知的好奇心を培います。

④ 空間認識力
パーツを組み合わせて立体物を思い考えた通りに動かす経験が、立体的感覚を養います。

⑤ 論理的思考力
パーツを組み合わせて立体物を思い考えた通りに動かす経験が、立体的感覚を養います。

⑥ プログラミング考力
ハードウェアの動きの背景にあるソフトウェアの働きを理解できる思考力を養います。

カリキュラム・コースについて

ロボットの仕組みから
本格的なロボット制御技術まで学べるカリキュラム

ヒューマンアカデミーロボット教室のカリキュラムは、年齢やレベルに合わせ
①プライマリー ②ベーシック ③ミドル ④アドバンスプログラミング ⑤ロボティクスプロフェッサーの5つのコースに分かれています。
毎月2回の授業ではテキストに忠実にロボットを製作をした後、そのロボットを思考錯誤のうえカスタマイズしながらクラスの友達とゲームや競技をしながら実践課題に取り組みます。また、アドバンスプログラミングコースを修了し、さらにより高度なロボット工学やロボットプログラミングを学びたいお子様にはロボティクスプロフェッサーコースでさらにステップアップすることが可能です。

トップへ戻る